ストレスが身体に変化をもたらす

肌荒れやニキビの原因がストレスによるものであるというのは一般的によく言われることです。もちろんストレスだけではなく、他の原因も考えられますが、その判断は医師などの専門家も頭を悩ませるそうです。
ストレスは人間の体にどのような作用をもたらすのでしょうか。
体はストレスを感じることで交感神経を緊張させるそうです。つまりそれは臨戦態勢なわけです。体の血液が頭に集まり、それによって脳の働きが活性されることで周りの状況を敏感に察知することが出来るのです。そして素早くしっかり動くことが出来るように心臓の動きも速くなり、それにつれて血圧も上昇します。一方戦いの邪魔になるような空腹や排せつの感覚を抑えるよう胃腸の働きは弱められます。
この臨戦態勢のストレスはその状況が過ぎれば元に戻ります。しかし現代社会でのストレスは終わりがありません。
人間関係によるストレスはなおさらです。簡単に解決しない問題は長年体にストレスを与え続けることになります。
そのように長い期間ストレスを受けた体は、神経が過敏になり続け、休息がうまく取れなくなってしまいます。また、胃腸の働きも悪くなったままの状態となり、それが下痢や便秘を引き起こします。
さらには頭に血液が集まり続けている分体の末端まで血液が行き届きにくくなります。そうすると肌に充分な栄養を運ぶことが出来ません。それが肌の老化の原因となります。ストレスによる活性酸素の増加も肌の老化へ追い打ちをかけます。
また、ストレスが原因となり血液中の白血球も増加するために、肌に炎症が起きやすくなり、肌荒れやニキビを引き起こすということにもなるのです。

ストレス解消にはウォーキングが有効

体を動かすことでセロトニンという脳内物質が分泌されます。このセロトニンとは心身の安定の役に立つ物質で、これが分泌されるとストレスが軽減されることが分かっています。簡単に日常的に体を動かすにはウォーキングがおすすめです。

良い香りでストレスを軽減

お香やアロマの香りをかぐと心がゆったりし、癒されたような感覚になったことはありませんか。人間は脳は香りをかぐことで、感情をつかさどっている大脳の部分に刺激がいくようになっています。よって良い香りをかぐことで脳に良い刺激が得られ、リラックス効果を感じることが出来るのです。

ストレスを悪化させるカフェインやたばこ

コーヒーもたばこもストレス解消になると思いがちですが注意が必要です。
カフェインやたばこには興奮作用があり、交感神経を刺激してしまうからです。よってそれらを楽しむことで逆にストレスを悪化させる可能性は否めません。
アルコールについては確かにはじめはリラックスできるようですが、その後には脳を覚醒させる作用があります。しかも依存性がありますのでなかなかやめることが出来ません。気持ちを落ち着けるつもりがかえって高ぶり、ひいてはアルコール依存症となる可能性があります。
アルコールによって良質な睡眠がとれず、それによってストレスによる症状が悪化する恐れもありますので注意が必要です。