1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫睡眠は美と健康のキー

睡眠は美と健康のキー

睡眠中に修復される肌

外側からのお手入れもさることながら、美肌を手に入れるにはやはり内側からの健康が大切であるということは誰もが身に染みていることと思います。
美を手に入れるために食べるべき食品は巷に溢れていますし、食事に気を遣うという方は多いでしょう。しかし、それ以上に大切なことがあります。それは睡眠です。
なぜ睡眠が美と健康の為に大切なのか、そのメカニズムを説明します。
睡眠をとるということは身体を回復させるということです。人間の脳は本人の無意識の下、起きている間中活動し続けています。その結果脳に血液が集まり、その分肌のような体の細部にめぐる血液の量や質は低下しがちになってしまいます。
しかし、睡眠をとり始めると脳は休むことが出来ます。そうすると栄養をたっぷり含んだ血液は身体のすみずみまで運ばれることが可能となるのです。血液が運ぶ栄養のお陰で日々の生活の中で消費したり損傷したりしてしまった身体の細胞を修復されていきます。
反対に睡眠不足の時には体がしっかり回復できないために体の不調を感じてしまいます。
また、睡眠をとることで成長ホルモンの分泌が促されます。背を伸ばすホルモンだと認知されがちな成長ホルモンですが、細胞分裂を盛んにする働きを持っています。
よって成長ホルモンが分泌されることで、肌や身体の組織が修復されるのです。
成長ホルモンが分泌されるにはどれくらい眠ればよいのでしょうか。
6時間ほどの睡眠で肌をはじめとする身体の組織は回復されると言われています。ということは、6時間以上睡眠をとらないことには組織は十分に修復されることなく、その結果肌荒れにつながってしまうのです。肌の美容と健康には睡眠が大切であると言われるゆえんです。

何時に寝れば効果的?

よく「ゴールデンタイムに寝ると美肌になる」と言われます。
ゴールデンタイムというのは22時から深夜の2時までを指しています。
この間に寝ることで成長ホルモンの分泌が促進されるのですが、そもそも人間の本能に忠実な時間帯です。原始時代からの体内時計通りだと言えます。
確かに現代の日本でゴールデンタイムに就寝するということはなかなか難しいでしょう。それでも午前0時から0時半ごろまでには就寝するのが好ましいです。
成長ホルモンも体内時計の影響を受けます。毎日規則正しく寝る習慣を付けることで体内時計がきちんと作動し、成長ホルモンがしっかり分泌されるようになります。
毎日、午前0時半までに就寝し、それも時間を一定に保つことで、お肌の調子も格段に良くなるはずです。

良質な睡眠をとるには

時間に気を取られがちですが、睡眠の質も重要です。
睡眠を開始して最初の3時間ほどは特に成長ホルモンの分泌が盛んになっています。
この間にどれだけの良質な睡眠を確保できるかがカギとなってきます。
では、質を上げるとは具体的にどのようなことを行えばよいのでしょうか。
入眠の準備として、パソコンやスマホを見ないことが大切です。パソコンやスマホはつい良い光で脳を活性化してしまいます。そうなると熟睡しにくくなってしまうのです。寝る予定の時間の1時間ほど前から照明を落としていきましょう。そうすることで良質な睡眠を司るメラトニンというホルモンが分泌されやすくなります。
もし外から光が入ってきて困る場合は遮光カーテンを利用してみましょう。このような睡眠を邪魔するものは出来る限り排除していくことで熟睡できるようになってきます。

睡眠のリズムをつかもう

睡眠のリズムを意識するとき、それは朝、気持ちよく目覚める時とそうではないときの違いを感じるときです。
睡眠の深さというのは一定ではありません。深い眠りであるノンレム睡眠と浅い眠りであるレム睡眠を繰り返すというリズムを刻んでいます。その周期は1時間半ほどです。
ノンレム睡眠とレム睡眠の切り替わりの時にうまく起きられるとリズムに合うことで気持ちよく起きられます。
1時間半というリズムを利用するにはその倍数の睡眠時間をとりましょう。例えば、6時間や7時間半というようにです。
また、レム睡眠の、ちょうど浅くなった時に目覚めやすいことを利用して、3の倍数である6時間、9時間で睡眠をとると気分良く目覚めることが出来るでしょう。
朝目が覚めた時にすぐに体を起こしましょう。次の睡眠に入ってしまうことを防げます。
そして光を浴びたり、水を飲んだりしてすっきりした目覚めを促しましょう。