1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫ニキビはどうして出来るの?

ニキビはどうして出来るの?

複雑に絡み合う原因

ニキビは非常にありふれた肌トラブルです。
思春期はもちろん大人になった今でも肌の悩みの上位に挙げられます。
では、どうしてニキビが出来るのかと問われると正しく答えられる人は少ないのではないかと思います。
ニキビという悩みを解消するには、ニキビのできる原因を理解する必要があります。
よく言われるのは「皮脂が多いとニキビになる」という説。果たしてこれは正しいのでしょうか。答えは「必ずしも正しいと言い切ることはできない」です。
乾燥で悩んでいる人にもニキビは出来てしまいます。
また、皮脂の多いTゾーンにできるのかと思いきや、乾燥しがちな頬にニキビが出来てしなったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
では、ニキビが出来るメカニズムについて考えてみましょう。
ニキビが出来る時に肌にどのような変化が起こっているのでしょうか。
毛穴の周りの角質が厚くなって毛穴が塞がれてしまうことで、毛穴の中に皮脂が溜まりやすくなります。そこにアクネ菌が増殖してしまうのです。それが原因となってニキビが出来てしまいます。脂性肌であっても乾燥肌であっても毛穴のつまりは起きてしまいます。なので皮脂が少ない乾燥肌でもニキビが出来てしまうのですね。
アクネ菌とはいったい何なのでしょうか。
ニキビの原因と思われがちな菌ですが、実は人間の肌にはもともといる菌になります。
そんなアクネ菌を完全に除去は出来ませんし、なにより皮膚の菌バランスを保つためにある程度のアクネ菌はむしろ必要な存在です。アクネ菌がなくなりさえすればニキビの悩みから解放されるわけではないのです。
それではニキビの原因はほかにあるのでしょうか。
実はニキビはホルモンのバランスの乱れが原因であると考えられています。
体内のバランスは睡眠や食生活、ストレスの掛かり方の上に成り立っています。それらが乱れてしまうと、微妙なバランスを崩してしまい、その結果免疫力が低下し、肌の新陳代謝が悪くなってしまうのです。
よって、ニキビが出来る原因というのは複数の問題が絡み合っています。これだけが原因であると特定することは不可能に近いのです。特にニキビにずっと悩まされている人やあまりにもひどい人は肌をお手入れしただけでは根本的解決につながりません。専門家である皮膚科医に診察してもらうことでやっと解決の糸口が見えてくるのです。

大人ニキビって何?

ニキビと言えば、青春のシンボル、思春期である10代の象徴のように言われがちですが、最近では20代以上の「大人ニキビ」に悩まされる方が増えているそうです。思春期のニキビと大きく異なる点が三点あります。
まず一点目に、あごの周りにできやすいことが挙げられます。
二点目には治りが良くなく、跡が残りやすいという特徴があります。
三点目に、寝不足やストレスなど、生活習慣により悪化しやすいことも思春期のニキビと異なる点です。食生活のみならず、大人ニキビの場合は睡眠不足でてきめんに悪化してしまいます。
大人ニキビというのは生活習慣の影響をダイレクトに受けやすいものなのです。些細に思われることでも、肌に良くないと思われる習慣はやめることが賢明です。

ニキビになる原因は蓄積されている?

いきなりぽつんとできたかのように思われるニキビですが、実はすでに兆候は見えているはずです。いきなりできたように思ってしまいますが、ぞのずいぶん前から確かにそこに「存在している」のです。
まず、肌の内部で炎症が起こります。
その炎症が大きくなり、肌の内部だけでは抱えきれない問題となったときに肌表面に現れます。それがニキビなのです。
私たちの目に触れる前から炎症は始まってしまっているというわけです。
炎症が肌の内部にとどまっている状態でお手入れすることで、ニキビとして表出することを避けることが出来ます。ニキビが表面に出てから治すよりも時間も労力も少なくて済みます。