1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫たるみ防止に必要なケア

たるみ防止に必要なケア

たるみが出やすい顔の作りがある?

女性の肌の悩みとしてよくあげられるたるみとしわ。
実はこの二つの原因が同じであることはご存知でしょうか。
たるみもしわ、も肌の真皮にあるコラーゲンの変化や、コラーゲンの間をつなぐ役割を担っているエラスチンの減少によっておこります。肌を維持する機能が低下してしまうことでたるみやしわが生じてしまうのですね。
では、正しい対策をすることでたるみもしわもどちらも一挙に改善されるかというとそう簡単な話ではありません。なぜなら、たるみは顔の作りによって現れ方が大きく異なってくるからなのです。

たるみの大きな原因としては毛穴の開きが挙げられます。
毛穴がたるんできた状態はまだ初期状態と言えます。しかしこれを放置してしまうと顔全体のたるみに悩まされるようになってくるので注意が必要です。
若いころに毛穴のたるみを感じにくいのは毛穴の周りのコラーゲンが多いお陰です。
そのおかげで毛穴も引き締まって見えています。
歳とともに毛穴が開いて見えてしまうのは、その毛穴周りのコラーゲンが減少してしまうせいです。
また、涙袋の悩みも同じことで、目の周りの薄い皮膚が眼球やその、周りの脂肪の重みに耐えられなくなりたるむことによって生じているのです。

二重あごの悩みもたるみが原因となっている可能性があります。太っているわけでもないのに二重あごになっているのは、顔の周りの厚い脂肪の部分を皮膚が支えきれなくなることが原因です。
しわが原因だと思われやすいほうれい線も、たるみが原因であることが多いです。
頬には分厚い脂肪がありますが、口の周りの皮膚は薄いため支えきることが出来なくなりがちです。そうなってしまうとほうれい線が出来てしまいます。
ついついクリームなどで外側からお手入れをしがちですが、それではなかなか改善を実感することはできません。外側から働きかけるだけでは不十分だからです。
美容整形外科でヒアルロン酸を注射するなど内側からの働きかけも必要となってきます。

たるみとしわをダブルで予防

女性が肌の悩みに挙げてくる毛穴の開き、涙袋、二重あごそしてほうれい線、このすべてがたるみに起因するもので、その原因はすべて共通しています。
脂肪や周りの組織の重みに皮膚が耐えられなくなり、たるんでしまうのです。
なぜ皮膚が耐えられなくなるのか。それは年齢とともにコラーゲンが減少してしまうからです。
しわも全く同じプロセスとなりますので、「毛穴のたるみ用」「しわ用」といったように化粧品を使い分ける必要性は少ないかもしれません。それよりはコラーゲンを増やす働きのある化粧品を一つ取り入れることでどちらの悩みにも対応することが出来ます。
では、コラーゲンを増やす成分とはどのようなものがあるのでしょうか。
それにはビタミンCやレチノールが有効です。
しわやたるみに悩んでいる人はこれらの成分が配合されている化粧品でお手入れしてみましょう。ただし、しわもたるみもできてしまってからでは改善が難しいのです。何よりも予防することが大切ですので早めにケアしていきましょう。

肌を活性化するマッサージを行おう

たるみの原因は加齢による老化であると思いがちですが、それだけではありません。
皮膚の下の脂肪細胞が大きく肥大してしまうことが原因の場合もあります。
また、血行が悪いことでむくみが生じ、真皮の組織を保つ力が低下してしまうことでしわやたるみが発生することもあります。
このような場合は老化を防ぐ化粧品を使用したり紫外線対策を行ったりすることにプラスして、お手入れにマッサージを取り入れてみましょう。
マッサージすることでむくみを防いで真皮の力を強めることが出来ます。血行やリンパの流れをよくし、むくみや皮下脂肪の付着を予防できるマッサージを習慣づけましょう。