1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫しわを予防するお手入れ方法

しわを予防するお手入れ方法

しわの種類でお手入れ方法が変わる?

しわを防ぐには保湿を怠らないことであるとよく言われます。確かに乾燥が原因でしわが出来ることも多いのですが、それよりも根本的な原因は肌の奥にあります。肌の奥の真皮のコラーゲンが減少したり、エラスチンが減少したりすることでしわが出来てしまうのです。
そして、そのしわのでき方には実は段階があるのです。

最初はいわゆるちりめんじわの状態です。肌の表面にあらわれる細かいしわのことで、乾燥とともに目立ってきます。保湿をすると目立たなくなるので安心してしまいがちです。

次の段階は表情じわです。笑うとその時に出てくるような、顔の表情によって深くなるしわのことです。若くても出来る方もいますが、その場合はすぐに戻ります。ただ、加齢によってそのしわがどんどん深くなり、なかなか消えなくなってしまうのです。表情によってしわが出来るのを繰り返すことで、肌のハリを保つコラーゲンがちぎれたり変化したりしてしまうからなのですね。
コラーゲンとは繊維状のもので肌のハリを保つ働きがあります。ただ、年齢を重ねるごとに繊維はもろくなり、また量も減ります。そうなると表情じわが消えにくくなってしまいます。
コラーゲンが減ることで肌自体も薄くなりしわができやすくなるということもあります。要するに、しわの数も増えるし、できたしわが消えにくくなるというスパイラルに陥ってしまうのです。
そのように深くなったしわを消そうとお手入れを頑張ってみてもなかなか効果は表れません。サプリメントや食事からコラーゲンを摂取したところで、コラーゲンは消化される際にたんぱく質として体内に吸収されてしまうだけで、直接コラーゲンをお肌に届けられるわけではありません。
肌の奥深くにできてしまったしわを抑えるには科学的根拠に基づいてのお手入れが必要不可欠となってきます。

ちりめんジワには保湿が効く!

目の周りにできるちりめんじわ、細かく薄いこのしわの原因は乾燥です。
子どもでも起こりうることから、老化が原因ではないと考えられています。
このちりめんじわを解消するには保湿が一番です。
朝夜のお手入れ時には保湿に重点を置きましょう。例えば美容液をセラミド入りの保湿強化のものに変え、クリームを使うようなお手入れは有効です。
保湿で角質を潤し、クリームの油分で水分を逃さないようにします。
このちりめんじわが表情じわに移行するわけではありません。
なぜなら原因が異なるものだからです。
ちりめんじわと表情じわでは委手入れ方法も異なってきますので、まず判断の基準としては保湿して消えるしわかどうかを見定めましょう。
もし保湿美容液を使ってしっかりお手入れしてもしわが消えないということであれば、それは肌の奥深くからできている表情じわである可能性が高くなります。そのような真皮性の表情じわが出来ていれば、保湿だけではなくアンチエイジングが出来るお手入れを取り入れた方が良いでしょう。

しわを防ぐには肌自体を活性化させることが大事

もししわが出来てしまっても、肌の角質が潤った柔らかい状態であれば目立ちにくくなります。
出来てしまったしわはまず保湿をし、角質ケアで角質を柔らかい状態に保ちましょう。
それが浅く薄いちりめんじわであっても、深い表情じわであっても、肌を活性化させるお手入れは有効となります。そのお手入れとはマッサージです。マッサージをすることで肌の血流が良くなります。また、肌の真皮を構成している細胞や表面を構成している細胞の生まれ変わりを助けます。肌本来の回復力自体を高めてくれるので老化対策にも効果的なのですね。
このお手入れは早ければ早いほど効果があります。真皮の深い部分からできてしまったしわはなかなか薄くなりません。深いしわになる前にお手入れを始めましょう。